ドラマ PR

【海のはじまり】マイガールと違う理由3つ!オリジナル脚本の展開は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年7月から始まる月9ドラマ「海のはじまり」は、ドラマ「silent」を担当した脚本、演出、プロデュースを担当した、silentチームが再集結したオリジナル作品です。

しかし「海のはじまり」は、2009年10月に放送された「マイガール」に似ているといわれています。

そこでこの記事では、「海のはじまり」はマイガールと違う理由3つ!オリジナル脚本の展開は?について解説します。

まだ内容はほとんど情報公開されていませんが、ドラマの展開を考察していきたいと思います。

【海のはじまり】マイガールとは違う理由3つ!

「海のはじまり」と「マイガール」が違う理由は、オリジナル作品であること、ストーリー設定が似ているだけ、キャストや制作陣が違うからです。

詳しく見ていきましょう。

①「silent」チームが手掛けるオリジナル脚本だから

ドラマ「海のはじまり」は、2022年10月に放送されたドラマ「silent」チームが手掛けるオリジナル脚本であることです

脚本のクオリティやストーリー展開には、制作チームの個性やアプローチが反映されます。

そのため「海のはじまり」は「マイガール」とは異なる独自の物語を持ち、新たな魅力を描いてくれることが期待できます。

また月9ドラマは多くの場合人気の俳優や女優が出演するため、視聴者の注目を集めます。

そのため高い制作クオリティが求められ、ドラマの制作には多くの予算とスタッフの力が注がれます。

洗練された演出、そして緻密に計算されたストーリー展開が求められているはずです。

単に過去と同じようなドラマを作るはずはありませんよね。

②ストーリー設定が似ているだけだから

「マイガール」とストーリー設定が似ているところ

  • 恋人が突然去る
  • 元恋人が他界する
  • 泣き恋人が遺した娘(自分の娘)を育てる

ストーリー設定が似ていても、物語の構造やテーマが全く異なる可能性が高いと思います。

似たような設定であっても、登場人物の性格や関係性、描かれるメッセージによって全く異なるドラマになるはずです。

例えば「マイガール」が恋愛を中心に描いた物語であるのに対し、「海のはじまり」は家族や友情、成長など、異なるテーマを掘り下げる可能性があります。

「海のはじまり」は親子の愛がテーマになっていることから、主人公である夏はシングルファザーである姿がクローズアップされていく感じがします。

シングルファーザーの辛さや、社会の偏見を考えるきっかけとなるような内容かもしれません。

新しい家族のかたち、多様化する家族のかたちを考える上で重要なテーマですよね。

設定が似ているから作品の質やオリジナリティが低いとは言い切れないです。

むしろ既視感があると物語に入りやすくなることから、ある程度同じ設定になることはありえるのではないでしょうか。

③「海のはじまり」はキャストや制作陣が異なるから

キャストや制作陣が異なるという点が最大の違いです。

「海のはじまり」のキャストやスタッフが「マイガール」とは異なることで、演技の質や演出の手法、撮影のスタイルなどに違いが生まれます。

これによって同じような設定の物語でも、全く異なる雰囲気や感動が生まれることが期待できますよね。

そのため「海のはじまり」と「マイガール」は、同じジャンルのドラマであっても異なる世界観を持つはずです。

物語の登場人物一人ひとりに寄り添うような、オリジナル作品になって欲しいですね。

【海のはじまり】オリジナル脚本の展開は?

現在公開されている情報では、ドラマ「海のはじまり」の全貌はわかっていません。

物語の展開としては、主人公である月岡夏が自分と水季の間にできた子供である海との関係を深めていく過程が描かれることが考えられます。

詳しく考察していきます。

①夏と海の関係の始まり

夏が初めて海と出会った瞬間から、彼の心には様々な感情が渦巻き始めるのではないでしょうか。

驚きや戸惑い、そして徐々に湧き上がる父親としての責任感や愛情などが描かれるでしょう。

海もまた新しい父親との関係に戸惑いながらも、徐々に夏に心を開いてい距離を縮めていくようになるのではないでしょうか。

海辺のビジュアル画像のように、距離が近くなっていくと思います。

②夏と海の成長と絆の深まり

親子とわかれば自然と時間の経過と共に、夏と海の間には深い絆が芽生えていきますよね。

そして夏は自分の父親としての役割を受け入れ、海を支え、育てるために奮闘する姿が見られそうです。

その過程で、亡くなった水季への思いや彼女との過去の出来事に向き合いながら、新たな家族としての絆を築いてくれるでしょう。

③家族としての絆と再生

夏と海の間は徐々に家族としての絆が深まっていき、二人はお互いを支え合い、共に成長していく姿が想像できます。

この過程で夏や海、そして周囲の人々が、亡くなった水季の死に向き合い、人を思う大切さがクローズアップされていくのではないでしょうか。

目黒連さんが、父親役としてどのような表情をみせるのかとても気になります。

④過去との対峙と成長

夏は都内の印刷会社で働く28歳の青年。

3歳の時に両親が離婚し、母親に引き取られました。

その後母親は再婚し血の繋がりのない父親と弟と生活する、という親の事情で自分の意志とは関係なく振り回されてしまった過去があります。

高校を卒業すると都内の大学へ進学して親元を離れます。

複雑な家庭環境で育っているので、親子関係から離れたかったのかもしれません。

また夏が水季との過去や別れに向き合う過程も、重要な展開となるでしょう。

さまざまな感情や困難を乗り越えながら、新しい人生を歩んでいくことは誰しも経験することです。

そしてその過程で夏はより成熟し、人として強くなっていく姿があると思います。

まとめ

「海のはじまり」マイガールとは違う理由3つと、オリジナル脚本の展開についてまとめました。

「海のはじまり」マイガールとは違う理由3つ

①「silent」チームが手掛けるオリジナル脚本だから

②ストーリー設定が似ているだけだから

③「海のはじまり」はキャストや制作陣が異なるから

「海のはじまり」は「マイガール」とは異なる独自の物語を持ち、新たな魅力を描いてくれることが期待できます。

ドラマ「海のはじまり」がどのような展開になるのか楽しみです!

ABOUT ME
おおたぶん
はじめまして! おおたぶんです。 神奈川県在住の主婦です。 自宅でお仕事をしたくて、紆余曲折しながらブログと出会いました。 大好きなk-popアーティストの新しい情報や、お出かけの耳より情報を発信しています。