有名人 PR

江村美咲の中学・高校・大学は?現在の所属や成績も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

フェンシング界で輝かしい実績を積み重ねている江村美咲さんですが、彼女の中学・高校・大学時代はどのようなものであったのか、そして現在の活動はどのようなものなのでしょうか。

そこでこの記事では、江村美咲さんの成長過程やこれまでの成績について詳しく解説します。

江村美咲さんの歩みと成長を見ていきましょう。

江村美咲の中学・高校・大学は?

江村美咲さんのこれまでの歩みは、フェンシングという競技において技術だけでなく、精神的な成長も重ねてきたことが伺えます。

小学校から大学に至るまでの歩みは、ただの学び舎ではなくフェンシング選手としての自己を磨き上げる場でもあったのです。

江村美咲の出身中学

江村美咲さんの出身中学は、東京都板橋区の板橋区立志村第二中学校です。

中学時代はフェンシングに打ち込み、サーブルに転向するきっかけとなったエピソードがあります

ある大会の優勝賞品が大好きだった「ウサビッチ」のジグソーパズルだったため、その賞品を目指して出場し見事優勝を果たしました。

この経験がサーブルへの転向を決定づけることになります。

江村美咲の出身高校

江村美咲さんの出身高校は、通信制の大原学園高等学校(現在は大原学園美空高等学校)です。

またフェンシングに専念するため、JOCエリートアカデミーにも入ります

このアカデミーは、将来オリンピックなどの国際競技大会で活躍できる選手を育成するための機関で、トレーニングだけでなく、海外での試合を見据えた外国語の研修も行われています。

江村さんは大原学園高等学校で学びながら、午後は味の素ナショナルトレーニングセンターでフェンシングの練習に励んでいました。

江村美咲の出身大学

江村美咲さんの出身大学は、中央大学法学部です。

大学ではフェンシング部に所属し、学業と競技の両立に努めます。

大学1年生の時にはワールドカップで銀メダルを獲得し、3年生の時には銅メダルを獲得するなど、その才能を開花させていきました。

大学卒業後は、フェンシング界初のプロ選手として新たな道を歩み始めます。

江村美咲の現在の所属や成績

江村美咲さんは大学を卒業後プロに転向し、立飛ホールディングスと契約をしています。

プロでの活動や成績をまとめました。

江村美咲の所属:立飛ホールディングス所属

江村美咲さんは立飛ホールディングスに所属しています。

立飛ホールディングス株式会社は、長い歴史と共に築き上げてきた信頼を基に、不動産開発や賃貸事業を中心に多様な事業を展開する企業です。

地域社会との結びつきを大切にしながら、環境保護やスポーツ振興にも力を入れ、地域の発展に貢献しています。

江村美咲さんが困難な状況でも競技に真剣に取り組み、より高い目標を追求する姿勢に感銘を受けたそうです。

立飛ホールディングスは江村美咲さんの活動を支援することで、スポーツが持つ力を通じて地域社会に貢献していくことを目指しています。

江村美咲さんは立飛ホールディングスに所属することで躍進し、その後快挙を達成していきます。

江村美咲の成績

2014年の南京ユースオリンピックで大陸別混合団体の金メダルを獲得し、2017年の台北ユニバーシアードでは個人銅、団体金を獲得しています。

また、2018年のワールドカップ・ボルチモア大会では個人で銀メダルを獲得し、2022年にはカイロで開催された世界選手権でサーブル個人で金メダルを獲得するなど、その実力は世界トップクラスです。

東京オリンピックでは個人で3回戦で敗退しましたが、団体では過去最高の5位に入賞し、日本フェンシング界に新たな歴史を刻みました。

また最近では2023年7月イタリアのミラノで開催されたフェンシング世界選手権で優勝し、昨年のカイロ大会に続いて連覇しています。

2023年2月13日に発表された国際フェンシング連盟の世界ランキングで、江村美咲選手が1位に輝いています。

これは、日本女子フェンシング選手として初めての個人ランキング1位であり、サーブル競技においても男女を通じて初の1位という歴史的な快挙です。

まとめ

江村美咲さんの中学・高校・大学は?現在の所属や成績についてまとめました。

小学校から大学に至るまでの歩みは、ただの学び舎ではなくフェンシング選手として自己を磨き上げる場でもあったのです。

また江村美咲さんは立飛ホールディングスに所属することで躍進し、その後は数々の快挙を達成しています。

これからもフェンシング選手として成長してゆく姿をみせてくれそうです。

 

ABOUT ME
おおたぶん
はじめまして! おおたぶんです。 神奈川県在住の主婦です。 自宅でお仕事をしたくて、紆余曲折しながらブログと出会いました。 大好きなk-popアーティストの新しい情報や、お出かけの耳より情報を発信しています。
RELATED POST