有名人 PR

早田ひな出身高校など学歴まとめ!同い年のライバルは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

早田ひなさんの出身高校や学歴について、卓球人生を支えた学びの場はどこでしょうか。

また同い年のライバルたちとの切磋琢磨したエピソードも気になります。

そこでこの記事では、早田ひなさんの学歴と、同い年のライバルについてまとめました。

卓球の世界で頂点を目指してきたのかを解説します。

早田ひな出身高校など学歴まとめ

早田ひなさんは学業と卓球を両立させながら、国内外で活躍することができました。

どのような出身校で、卓球の成績を伸ばしてきたのか見ていきましょう。

早田ひな出身高校は希望ヶ丘高校

早田ひなさんは、2016年に福岡にある希望ヶ丘高等学校に進学しました。

同校の卓球部に所属していたそうです。

希望ヶ丘高校の卓球部は2023年の「WWTユースコンテンダーバンコク」へ海外遠征しています。

いまも卓球部は活躍している選手がいて強いようですね。

また希望ヶ丘高校のインスタグラムには、早田ひなさんの活躍を応援する投稿があります。

>>>希望ヶ丘高校のインスタアカウント

早田ひなさんは2016年に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)女子シングルスで優勝し、高校1年生での優勝を果たしました。

この偉業は彼女の先輩である、前田美優さん以来4年ぶりの快挙でした。

さらに、ITTFワールドツアークウェートオープン(U-21)で初優勝を飾り、続いてオーストラリアオープンでも優勝するなど、国際大会でもその実力を発揮しました。

また12月の世界ジュニア選手権大会では団体優勝を果たし、ITTFワールドツアーグランドファイナルではU-21およびダブルスで優勝し、2冠を達成しています。

2017年には、第23回アジア選手権で女子団体銀メダル、女子ダブルスで銅メダルを獲得。世界選手権デュッセルドルフ大会では伊藤美誠選手とのダブルスで銅メダルを手にしました。

このように世界を舞台に活躍を広げた早田ひなさんはですが、希望ヶ丘高校では海外遠征で授業に出席できない日も多かったものの、希望ヶ丘高校の支援により勉強面での遅れを取ることなく競技に集中できました。

また卒業式に出席できなかった際には、後日特別な卒業式を開催してもらうなど、学校からの手厚いサポートを受けています。

卒業後も卓球部の練習に参加したり、国際大会の練習パートナーとして卒業生に帯同してもらったりと良い関係が続いています。

早田ひな出身中学は中間東中学校

早田ひなさんの出身中学は、福岡県中間市にある中間市立中間東中学校です。

中間東中学校は部活動に力を入れていて、卓球部や吹奏楽部は全国大会にでるほどの実力があります。

特に卓球部は、今も強豪校として知られていて有名です。

早田ひなさんは中間東中学校在学中、2013年と2014年に全国中学校卓球大会で2年連続優勝をしています。

この連覇は彼女の卓球界での飛躍的な成長を示すものであり、中学生の段階で全国的な注目を集める存在でした。

さらに2014年4月にはITTFワールドツアーチリオープンで当時史上最年少で決勝進出を果たし、その記録を更新しています。

この大会では平野美宇さんの記録を塗り替え、14歳での快挙は世界中の卓球ファンを驚かせました。

同年フィリピンオープンでは準々決勝で格上のユ・モンユ(シンガポール)に勝利し、飛躍がり止まりません。

9月には第20回アジアジュニア卓球選手権大会において、平野美宇さん、伊藤美誠さんと共にカデット女子団体で出場し、決勝で中国を破って優勝を果たしました。

このチームは日本卓球界の未来を担う存在として大きな期待を背負っていました。

2015年には全日本卓球選手権大会ジュニアの部で準優勝し、その後の活躍の基盤を固めています。

中間東中学校での経験から、国内外への道を開くこととなりました。

早田ひな出身小学校は鞘ヶ谷小学校

早田ひなさんの出身小学校は、北九州市立鞘ヶ谷小学校です。

昭和27年に開校し、現在は211名ほどの小規模な学校です。

学校と地域が一体となり「ほたるの里づくり」に取り組むなど、自然や郷土を愛する心を育てる活動に力をいれています。

早田さんが卓球を始めたのはわずか4歳の頃になります。

小学2年生の時に全日本卓球選手権バンビの部(2年生までの部)に出場し、全国大会デビューを果たしました。

予選リーグを突破し、決勝トーナメントに進出しましたが、1回戦で惜しくも敗れてしまいます。

この時の優勝者は、同じく卓球界で活躍する伊藤美誠さんでした。

この二人はその後、共に「黄金世代」として知られるようになります。

小学生時代の早田ひなさんは、全国大会で優勝を果たすことはなかったものの、常に上位に進出し、その実力を見せつけていました。

特に予選リーグ突破や決勝トーナメント進出といった経験は、彼女の卓球人生において貴重な財産です。

卓球キャリアは、小学校での経験から始まっています。

早田ひなと同い年のライバルは?

早田ひなさんには、同い年のライバルが存在します。

卓球人生においてこのライバルたちとの競り合いが、早田ひなさんをさらに強く成長させてきました。

早田ひなさんと同じ1997年生まれの卓球選手たちは「黄金世代」と称され、その中でも特に注目されるのが伊藤美誠さんです。

早田ひなさんと伊藤美誠さんは、幼い頃から競い合いながら成長してきました。

小学2年生の時に初めて全国大会で対戦し、以降、多くの大会でしのぎを削り合う関係にあります。

伊藤美誠さんは早田ひなさんと同じく幼少期から卓球に親しみ、多くのタイトルを獲得してきた実力者です。

二人の対戦は、常に注目を集めていました。

早田さんはインタビューで「伊藤選手との対戦は、自分にとって大きな刺激となる」と語っています。

さらに早田ひなさんには同い年の平野美宇さんもいます。

平野美宇さんは若くして世界卓球選手権でメダルを獲得するなど、世界的に評価される選手です。

早田ひなさんと平野美宇さんも、幼少期からライバルとして競い合っており、共に多くの経験を積み重ねてきました。

こうした同い年のライバルたちとの競争は、早田ひなさんの卓球キャリアにとって重要な要素となっています。

彼女たちとの対戦は単なる勝負ではなく、お互いを高め合ってきました。

これからも早田ひなさんと同い年のライバルたちの熱い戦いに注目が集まることかと思います。

まとめ

早田ひな出身高校など学歴と、同い年のライバルについてまとめました。

早田ひなさんの出身校と卓球は、よい関係を保ちながら歩んできたことがわかりました。

また同い年のライバル選手は、伊藤美誠さんと平野美宇さんです。

ダブルスでペアを組んだり対戦したりしながら、互いに頑張る姿が見えます。

今後も早田ひなさんの活躍を楽しみに、応援していきましょう。

ABOUT ME
おおたぶん
はじめまして! おおたぶんです。 神奈川県在住の主婦です。 自宅でお仕事をしたくて、紆余曲折しながらブログと出会いました。 大好きなk-popアーティストの新しい情報や、お出かけの耳より情報を発信しています。
RELATED POST