スポーツ PR

【福島あゆみ】身長や年齢などプロフィールと経歴!所属チームはBody Carnival

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

福島あゆみさんは、2024年パリオリンピック出場が決定し注目が集まっています。

そんな福島あゆみさんのプロフィールや経歴が気になりますね。

そこでこの記事では、福島あゆみさんの身長や年齢などプロフィールと経歴!所属チームはBody Carnivalについてまとめました。

福島あゆみの身長や年齢などプロフィール

福島あゆみさんの身長や年齢などのプロフィールをご紹介します。

本名:福島あゆみ(ふくしま あゆみ)

ダンサー名:AYUMI

生年月日:1983年6月22日

年齢:41歳(2024年6月時点)

身長:154㎝

体重:47㎏

出身:京都府京都市二条

家族:父、母、姉(B-Girl Narumi 福島梨絵)

職業:ブレイキンダンサー、幼稚園や保育園で英語・ダンスの先生、アパレル事業

福島あゆみさんの身長:154cm

福島あゆみさんは比較的小柄な身長です。

ブレイクダンサーにはナインティナインの岡村さんのような小柄な人もいますが、実際は背が高い人もたくさんいます。

背の高い低いに始まり、足が長いとか腕が長いとか、体が柔らかいとか、ほどよくかたいとか、筋肉質だとか体の特性にそれぞれ適した技があります。

ブレイキンは身長が低いと不利ということはないようです。

福島あゆみの体重:47kg

福島あゆみさんは標準体型よりも細身です。

標準体重を計算すると、52kgになります。

計算式:標準体重=1.54(身長)X1.54(身長)X22(BMI値)

だいぶ細身だということがわかります。

福島あゆみさんはからだを鍛えているので、筋肉量が多いはずです。

とてもスリムな体型ですね。

ブレイキンを始める前は、海外生活で体重が10kg近く増えていたことも。

ダイエットも兼ねて軽い気持ちでダンスをスタートしたそうです。

若い頃よりも抜群のスタイルを維持できていますね。

福島あゆみの年齢:41歳(2024年6月時点)

41歳で現役のブレイキンダンサーとはすごいですよね。

21歳からブレイキンを始めて、38歳で世界選手権で優勝をしています。

40歳のころに首の怪我に悩まされていましたが、それでも10歳若い選手よりも動き続けるほどタフです。

二回り年齢が離れた10代の選手と戦う姿をみても、年齢差を感じさせません。

福島あゆみの出身地:京都

福島あゆみさんは、京都生まれ京都育ちです。

高校を卒業後、カナダのバンクーバーへ留学してからブレイクダンスに出会います。

その後は国内外の大会に出場するなど、京都を拠点に活動しています。

福島あゆみの経歴

福島あゆみさんは21歳でブレイクダンスを始めました。

出会いやその後の活動について見ていきましょう。

  • 2004年ブレイクダンスに出会う
  • 2017年Red Bull BC One World Final女性初出場
  • 2021年世界ブレイキン選手権優勝
  • 2022年ブレイクダンス全日本選手権 優勝
  • 2022年ワールドゲームズ 3位
  • 2022年世界ブレイキン選手権 3位
  • 2022年ジャパン・オープン 3位
  • 2023年全日本ブレイキン選手権 優勝(2連覇)
  • 2023年ブレイキン世界選手権 2位
  • 2023年ブレイキンワールドシリーズin北九州 トップ8敗退
  • 2023年ブレイキンワールドシリーズinリオデジャネイロ 3位
  • 2023年ブレイキンアジア選手権 優勝
  • 2023年中国広州アジア大会 3位
  • 2024年全日本ブレイキン選手権 優勝(3連覇)
  • 2024年オリンピック予選シリーズ上海大会 優勝
  • 2024年オリンピック予選シリーズブタペスト大会 2位

2004年ブレイクダンスに出会う

福島あゆみさんがブレイクダンスに出会ったのは21歳の時でした。

高校を卒業した後、カナダに留学していたのですが、夏休みを利用して一時的に日本に帰国することになりました。

その時にブレイクダンスをしている姉が、ブレイキンの大会の観戦に誘ってくれたのです。

福島あゆみさんは大会で見たブレイクダンスの迫力と美しさに、すっかり魅了されました。

カナダでの生活が影響してか、体重が10キロ近く増えてしまい、ダイエットも兼ねてブレイクダンスを始めることにしたのです。

最初は軽い気持ちで取り組み始めたのですが、次第にその魅力にのめり込んでいきました。

ブレイクダンスを始めてから約3週間が経った頃、バトル形式の大会に出場することになりました。

しかしその大会では、小学生の女子にあっさりと敗れてしまいました。

その敗北は非常に悔しい経験でしたが、より一層練習に励むようになり、ブレイクダンスに対する情熱がますます強くなっていったのです。

この経験が福島あゆみさんにとって、ブレイクダンス人生の大きな転機となりました。

2017年Red Bull BC One World Final女性初出場

競技を始めてから10年以上が経過した2017年のことです。

オランダのアムステルダムで開催された、世界最高峰の大会であるRed Bull BC One World Finalに、女性として初めて出場しました。

初戦では残念ながら敗れてしまいましたが、福島あゆみさんの名前がこの歴史的な大会に刻まれます。

AYUMIとしての名をブレイクダンスの歴史に残すことができたのは、これまでの努力と挑戦の成果となりました。

2021年世界ブレイキン選手権優勝

パリオリンピック追加種目に正式決定後、初開催の世界選手権で優勝することができました。

女子の部では、日本人選手同士が決勝戦で激突。

福島あゆみさんが22歳の湯浅亜実選手を3対1で破り、見事に初優勝を果たしました。

湯浅亜実選手は、2019年に行われた第1回大会で優勝した実力者です。

今回の決勝戦では、福島あゆみ選手がより一歩上回る形で勝利を収めました。

この結果、日本勢が2大会連続で頂点に立つこととなり、ブレイクダンス界における日本選手の強さを再び証明する形となりました。

2022年ブレイクダンス全日本選手権 優勝

福島あゆみさんは、全日本選手権で初めての優勝を果たしました。

この大会では、男女それぞれの上位2選手が、9月に中国の杭州で開催されるアジア大会など、様々な国際大会に派遣される強化選手として選ばれることになっています。

アジア大会をはじめとする国際舞台で活躍する姿を見ることができるようになりました。

日本代表として更なる努力を続けていくことになります。

2023年全日本ブレイキン選手権 優勝(2連覇)

福島あゆみさんは湯浅亜実さんを2対1で打ち破り、見事に大会2連覇を達成です。

試合後手は涙ながらにインタビューに応じ、「失敗はありましたけれど、自分のバリエーションをしっかりと出せたので良かったです」と語りました。

この言葉からは、試合中に感じた緊張やプレッシャーを乗り越え、見事なパフォーマンスを発揮したことが伝わってきますね。

福島あゆみさんの2連覇は、ブレイクダンスに対する情熱と日々の努力の成果の現れです。

この勝利によって、さらなる高みを目指すことになります。

2023年ブレイキン世界選手権 2位

ベスト16からの対戦が始まり、2年ぶり2回目の金メダル獲得を目指します。

順調に決勝まで勝ち進み、リトアニアの選手と対戦しました。

この決勝は9人のジャッジが評価する3ラウンド制で行われました。

福島あゆみさんは躍動感あふれるステップやしゃがんで足さばきを見せる得意の「フットワーク」を駆使し、多彩な技を披露。

最初のラウンドでは、福島あゆみさんが見事にポイントを獲得しリードを奪いました。

しかし残る2つのラウンドではリトアニアの選手が優勢となり、惜しくも1対2で敗れてしまいました。

2023年ブレイキンアジア選手権 優勝

ブレイキンのアジア選手権が中国の杭州で開催されました。

女子の部では福島あゆみさんが決勝戦で湯浅亜実さんを破り、見事に優勝を果たしました。

この勝利により福島選手と湯浅選手は、杭州で開催されるアジア大会と、パリ五輪予選シリーズの出場権を獲得しました。

福島あゆみさんは試合後のインタビューで、「自分の目標は、用意してきたものをすべて出し切ることだったので、それができて本当に嬉しいです。今日は、思いっきり頑張ろうという気持ちになれたので、決勝を心から楽しむことができました」と喜びを語りました。

次の目標として、世界選手権に向けての挑戦があります。

福島あゆみさんは、「目の前の課題に一つずつ取り組んでいきたい」と決意を新たにし躍進を続けます。

2024年全日本ブレイキン選手権 優勝(3連覇)

福島あゆみさんは見事に、全日本ブレイキン選手権3連覇を達成しました。

決勝では昨年の大会で3位に輝いた半井彩弥さんを2対1で破ります。

福島あゆみさんは多彩な足技や曲とシンクロした見事な演技を披露しました。

3連覇という快挙を成し遂げた後も、「駄目な点がめちゃくちゃあった」と反省の言葉を述べつつ、「ダンスは大好き。楽しい」と、その喜びを素直に表現しています。

さらに2024年のパリ五輪出場権獲得を目指して、「2日間の大会で体の痛みも出てきたので、これから鍛えていきたい」と肉体強化への意欲と挑戦を語りました。

2024年オリンピック予選シリーズ上海大会 優勝

ブレイキンのオリンピック最終予選シリーズが中国の上海市で行われ、日本の福島あゆみさんが優勝し湯浅亜実さんが2位になりました。

女子の決勝は日本選手同士の対決となりました。

福島あゆみと湯浅亜実は、これまで国内外の大会で何度も対戦してきました。

今回のオリンピック最終予選でも、日本勢の中での最終決戦です。

最終的には福島あゆみさんが3-0で湯浅亜実さんに勝利しました。

2024年オリンピック予選シリーズブタペスト大会 2位

決勝戦で対戦したのは、日本女子を牽引してきた湯浅選手と福島選手でした。

この対決は、世界選手権など数多くの大会で覇権を争ってきたライバル同士の戦いでした。

試合中、時折笑みを浮かべながらも、互いに高め合うように個性をぶつけ合う姿が見られました。

独創性あふれる福島あゆみさんに対し、湯浅あみさんは流れるようなムーブで対戦しました。

福島あゆみさんは惜しくも2位に終わりましたが、この大会の結果を受けてパリオリンピック出場が決定してよかったですね。

福島あゆみの所属チームはBody Carnival

福島あゆみさんは、ソロ活動だけでなくチームとしての活動もブレイキンを通じて素晴らしさを伝えています。

「Body Carnival」は2006年に京都を拠点に結成されたダンスユニットです。

このユニットには、菱川一心さん(ISSIN)も所属しています。

世界でもトップクラスのダンスグループであり、ブレイキンの国際大会「Undisputed Masters Tokyo」では、クルーバトル(団体戦)で優勝しました。

まとめ

福島あゆみさんの身長や年齢などプロフィールと経歴!所属チームはBody Carnivalについてまとめました。

福島あゆみさんは21歳の時にブレイクダンスを始めて、国内外の大会で経験を積みながら41歳でパリオリンピックに出場が決定しています。

福島あゆみさんがさらに躍進できるよう応援していきましょう。

ABOUT ME
おおたぶん
はじめまして! おおたぶんです。 神奈川県在住の主婦です。 自宅でお仕事をしたくて、紆余曲折しながらブログと出会いました。 大好きなk-popアーティストの新しい情報や、お出かけの耳より情報を発信しています。
RELATED POST