スポーツ PR

【舟久保遥香】筋肉量が驚異的な理由3選!中学・高校時代のトレーニング法とは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

柔道の舟久保遥香さんの驚異的な筋肉量と強さはどのようにしてできたのでしょうか?

柔道選手の実力を支える筋肉量は、並大抵の努力では得られないものです。

そこでこの記事では、舟久保遥香さんの筋肉量が驚異的な理由3選と中学・高校時代のトレーニング法についてまとめました。

「舟久保返し」がどのように誕生したのかについてもまとめましたので、最後までチェックしてくださいね。

舟久保遥香の筋肉量が驚異的な理由3選!

舟久保遥香さんの筋肉量が驚異的な理由には、監督とコーチの存在、低い体脂肪率、そして継続的なトレーニングが挙げられます。

これらの要素について詳しく見ていきましょう。

①監督とコーチの存在

舟久保遥香さんの筋肉量と強さの背景には、矢嵜雄大監督と矢嵜仙子コーチの存在があります。

矢嵜夫妻は世界の最前線で戦ってきた経験を持ち、その指導はトレーニング重視のものです。

矢嵜雄大監督は、舟久保遥香さんの寝技の強化に特に力を入れました。

寝技は柔道において非常に重要な要素であり、相手を制圧するためには強い筋力が必要です。

矢嵜監督の指導の下、舟久保遥香さんは寝技の基礎から応用まで徹底的に鍛えられ、全身の筋肉がバランスよく発達しました。

 ②体脂肪率が低い

舟久保遥香さんの体脂肪率はわずか12%です。

日本人女性の体脂肪率の平均は、20.0%~29.9%です。

舟久保遥香さんの身長・体重・BMI値

身長:162cm

体重:57kg

BMI値:21.7

この数値からも分かるように、舟久保遥香さんは非常に引き締まった体を持っています。

体脂肪率が低いことは、筋肉量の多さと密接に関係しています。

脂肪が少ない分筋肉量が多くなっているということです。

 ③継続的なトレーニング

舟久保遥香さんは継続的なトレーニングをすることで、筋肉が鍛えられています。

日々のトレーニングを欠かさず、常に自分の限界に挑戦し続けています。

これは簡単なことではなく、強い意志とモチベーションが必要です。

後ほど舟久保遥香さんのトレーニング法についてご紹介しますが、毎日のトレーニングをルーティン化し、筋力トレーニングと柔道の技術練習をバランスよく取り入れています。

筋力トレーニングは全身の筋肉をバランスよく鍛えることを重視し、特に柔道で必要とされる瞬発力や持久力を高めるためのトレーニングを行っているのです。

また柔道の技術練習では基本技から高度な技までを繰り返し練習し、体に染み込ませています。

このような継続的な努力が、筋肉量と柔道の技術に影響しているのでしょう。

舟久保遥香さん中学・高校時代のトレーニング法とは?

舟久保遥香さんの鍛えられたからだは、中学・高校時代のトレーニング法も大きく影響しています。

では詳しく見ていきましょう。

中学・高校時代のトレーニング法

中学時代は、中高一貫の富士学苑の柔道部に入りました。

中学生は2人だけでしたので、高校生の練習に交ぜてもらい練習を行っていました。

最初の内はこのあいだまで小学生だったこともあり、急に練習がきつくなりついていくのが大変だったそうです。

朝練は週3回のランニング。

ランニングといっても、398段ある階段を5往復しなくてはなりません。

午後は放課後に組み手、乱取りなど基礎的な練習と寝技の練習です。

3時間~4時間かけて、毎日続けていた寝技のメニューがあります。

毎日続けていた寝技のメニュー

  • 上から体重をかけられて痛みに耐える
  • そこから逃げる
  • 関節を極められる
  • 息ができないほど絞められる

聞いただけでも筋力がないと耐えられるメニューではありませんね。

このキツイ寝技の練習を継続したことから、「舟久保返し」が誕生したわけです。

中学2年生の時の厳しい筋トレのエピソードがあります。

舟久保遥香さんは膝を怪我してしまい、通常の練習ができないため懸垂1日1000回をこなしています。

懸垂1000回を3時間でこなせるようになっていたので、背中の筋肉が相当についていたのでしょう。

続けて寝技のメニューもこなしていました。

ここまでキツイ練習をしてきたことから、筋肉ムキムキなのも納得できます。

社会人時代のトレーニング法

舟久保遥香さんは高校を卒業すると、大学へ進学せずに三井住友海上に入社して柔道を続けています。

しかし社会人になり「まったく歯が立たない」という壁にぶつかります。

「1年目、2年目は本当に歯が立ちませんでした。立ち技でも寝技でもボッコボコにされて。レベルが違いました。何もできないし、どうしたらいいかもわかりませんでした」
引用:Tarzan
https://tarzanweb.jp/post-265965

高校時代は力勝負で勝てていました。

しかし社会人になり通用しなくなったことから、柔道の基本でもある「崩す」ということに取り組みました。

社会人になってからのトレーニング法は、午前中は会社の業務で、午後から1時間トレーニングの後、3時間前後柔道の練習を日曜日以外は毎日しています。

練習メニュー

  • ウエイトトレーニング
    (スクワット、デッドリフト、ベントオーバーローウなど) 1時間
  • ランニング
  • 柔軟運動や受け身、打ち込み
  • 寝技の乱取りや立ち技の乱取り
  • 個人の課題を練習

柔道でからだを活かせるように考え、フィジカルを大事にした練習メニューです。

また自分に何が必要なのかしっかり見極めて、寝技だけでなく投げ技など幅を広げて強くなれるように取り組んでいます。

舟久保遥香さんの「舟久保返し」とは?

舟久保遥香さんの柔道で特に注目されているのが「舟久保返し」という独自の技です。

この技の背景には、彼女の努力と根性、そして独自の研究と工夫があります。

舟久保遥香さんの努力と根性でできた技

舟久保遥香さんは幼少期から柔道に取り組み、その道のりは決して平坦ではありません。

中学2年生の時に右膝をケガし、通常の稽古ができなかった期間に懸垂を1日3時間、約1000回も行ったことがありました。

このような休むことのない練習や筋トレによって、相手を引きつける力が格段に強化され、寝技の威力が飛躍的に向上しました。

「与えられたことは全力でやりたい」と語り、その全力の努力が彼女の強さの源となっています。

舟久保返しが誕生するまで

舟久保返しは、中学3年生の時に舟久保遥香さんさんが独自に編み出した技です。

うつぶせの相手を抑え込む方法を研究している中で、相手の右脇腹に左の引手を差し込み、右釣り手で相手の左肩越しから道着の内側を掴み、そこからひっくり返す方法を見つけました。

この技法は相手が左の引手で腹を寄せられて締め上げられるため、我慢できずに引っくり返されます。

さらに相手の首もロックされるため、身動きが取れなくなり、一本が決まるのです。

この技法は基本的に七帝柔道由来の「腹包み」と呼ばれるもので、「舟久保固め」はその変形版とも言えます。

監督の矢嵜さんとの共同開発とも言われていますが、実際には舟久保さん自身が独自に編み出した技です。

柔道への強い意志と努力から、この技が誕生していることがわかります。

舟久保返しの動き

舟久保返しの動きは、まず相手の右脇腹に左の引手を差し込みます。

次に右釣り手で相手の左肩越しから道着の内側を掴むのです。

この時点で相手の体は不安定な状態になります。

次に引手で相手の腹を寄せつつ、右釣り手で相手をひっくり返して抑え込むことで動けなくなるのです。

“舟久保固め”は、うつ伏せで寝技を逃れようとする相手の右脇腹に左手を差し込むと同時に右手で相手の腰の道着をつかみ、相手をひっくり返して抑え込みます。

引用元:NHK

相手は腹が締め上げられ、首もロックされた状態になるため、身動きが取れなくなります。

この手順がうまくいけば、一本が決まるというわけです。

舟久保返しはその動き自体が非常に複雑で、腕力や体幹の強さ、リーチの長さなども要求されます。

そのためこれらの要件を兼ね備えている舟久保遥香さんだからこそ、使いこなすことができるのです。

舟久保遥香さんは立ち技も寝技と同じくらい練習していますが、特に寝技の方が得意としています。

「寝技はやっぱりずっと積み上げてきたものがあるので、誰にも負けない自信がある」と語っており、その自信が舟久保返しの成功に繋がっています。

寝技はやっぱりずっと積み上げてきたものがあるので、誰にも負けない自信があるので最大限生かしていきたいと思っています。
引用元:NHK

舟久保遥香さんの「舟久保返し」は、彼女の努力と根性、そして独自の研究と工夫から生まれた技です。

その動きは非常に複雑で、強い腕力と体幹の強さを要求されますが、強い意志と努力がこの技を可能にしています。

まとめ

舟久保遥香筋肉量が驚異的な理由3選!中学・高校時代のトレーニング法についてまとめました。

舟久保遥香さんの筋肉量が驚異的な理由には、監督とコーチの存在、低い体脂肪率、そして継続的なトレーニングが挙げられます。

また舟久保遥香さんの鍛えられたからだは、中学・高校時代のトレーニング法が基礎となっていました。

自分の限界に挑み続ける舟久保遥香さんを、これからも応援していきましょう。

 

ABOUT ME
おおたぶん
はじめまして! おおたぶんです。 神奈川県在住の主婦です。 自宅でお仕事をしたくて、紆余曲折しながらブログと出会いました。 大好きなk-popアーティストの新しい情報や、お出かけの耳より情報を発信しています。
RELATED POST