エンタメ PR

【虹プロ2】ケン(蘇健)くんがひいきされている?これまでの評価を調査!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

人気オーデションの「虹プロジェクト2」は、練習生たちが厳しい評価を受けながらもお互いに切磋琢磨して成長する姿に感動します。

この中に原石がいるのかと思うと、ついのめり込んでしまいます!

J.Y.Parkさんの審査基準は、歌やダンスのレベルだけでなく、人柄もみているところが素敵ですよね。

しかしそんな「虹プロジェクト2」の練習生のケン(蘇健)くんが、J.Y.Parkさんにひいきされているのではないかという声があるようです。

そこで今回は「ケンくんがひいきされている」、と思われているのはなぜか?についてこれまでの評価について調査しました。

 

虹プロ2ケンくんがひいきされていると言われているのはなぜ?

結論から言うと、ケンくんはひいきされていると思われているだけです。

ではなぜケンくんがJ.Y.Parkさんにひいきされていると言われているのでしょうか。

東京予選から韓国合宿まで時系列で見ていきましょう。

ケンくんの地域予選(東京)での評価

東京予選では「今の段階では、他の参加者に比べて実力が足りていない。」という厳しい評価を受けてしまいました。


※ケンくんの地域予選とダンスレベルチェックは、上の動画の0:35~8:35の辺りです。

基礎ができていないため、もっと一生懸命練習しなくてはついてこれないという理由で合否が保留になりました。

しかし後日J.Y.Parkさんからメッセージが届き、「君の可能性を見て、もう一回チャンスを与えることにしました。」という嬉しい結果でした。

そして「僕が指摘したことを考えながら、一生懸命練習してきて下さい。」と約束をしました。

大きいチャンスをもらえ、嬉しい半面不安もあったのではないでしょうか。

後悔のないようがんばることを決意し、基礎を重点的に練習したようです。

 

ケンくんの日本合宿での評価

ケンくんは日本合宿が始まった当初は、まだ基礎ができていなくてもどかしさがありました。

しかし他の練習生たちの協力を得ながら、めきめきと成長していきます。

ダンスレベルチェックとボーカルレベルチェック、スター性の評価

ダンスレベルチェックでは、「参加者の中で一番下手です。予選で保留にしたことがよくわかります。」とまたもや超厳しい発言がでてしまいました。

しかし「今までダンスを習ってこなかったことを考えると、可能性は間違いなくあります。」と評価されます。

「力とスピードが素晴らしいです。」と褒められ笑顔がこぼれます。

「でも本当に下手です。」とダメだしされて、20人中18位という結果でした。

 

その後のボーカルレベルチェックでは「音程、発声、ストーリーテリング能力はまだまだ足りていない」と言われ20人中17位でした。


※ケンくんのスター性のパフォーマンスは、上の動画の18:29~24:50の辺りです。

スター性のパフォーマンスでは、自分らしさを見てもらいたいとJ.Y.Parkさんさんの「FEVER」に合わせて卓球のラケットやほうきを使って踊りました。

ケンくんらしさが溢れる面白さが認められて、初めてのキューブを獲得しました!

チームミッションの評価

チームミッションでは、いよいよケンくんの快進撃が始まります。

※チームミッションの動画は、14:23~31:40辺りです。

初めはダンスも歌も自信がなさそうにしていました。

しかしルームメイトのトモヤくんが、めちゃくちゃ親切な個人レッスンをしてくれたのです。

音程やリズム感をわかりやすく一緒に歌って教えているシーンがあります。

トモヤくんのリーダーシップを超えた優しさが伝わってくる大好きなシーンです。

※上の動画の19:32辺りです。

チームのみんながキューブをもらえることに、全力で向かっていく姿に胸が熱くなります。

そしてチームミッションのステージでは、「I can We can ソケン!」とお馴染みのケンくんの挨拶で気持ちを一つにしてから始まります。

いろいろなプレッシャーがあったと思いますが、のびのびとした表情が印象的でした。

J.Y.Parkさんからは「メンバー一人ひとりのパフォーマンスも上手くやりながら、チームの統一性がある素晴らしいパフォーマンでした。」と絶賛されました。

チーム一丸となった結果が高評価に繋がりました。

そして「特によかったのはソケンです。フィーリングを自分の物にしていて本当に驚きました。

ステージを見終わったときに、練習生たちから「ソケンが全然違う!やばくない?」と声が上がっていました。

ケンくんの努力もありましたが、トモヤくんをはじめ他のメンバーたちに助けられて引き上げられたといってもいいかと思います。

このステージで、「ケンは絶対何かやってくれる」と信じていたJ.Y.Parkさんの期待を裏切らず奇跡を起こしました。

そして2個目のキューブを獲得できました!

評価後に感情が込み上げて涙が出てしまうシーンがありましたが、トモヤくんが最後まで支えてくれたことに感謝していることを伝えています。

ライバルでありながらも共に目標に向かって協力するところが、虹プロのおもしろさですね。

練習生たちのひたむきさに、私も感動しました!

韓国行きを掴む

そして日本合宿の最終順位は12位でしたが、韓国合宿行きを掴みました

最後の一人に選ばれたことに、ケンくん自身がとても驚いた様子でかわいかったです。

「これまでの努力の倍以上やって、必ずデビューしたいです。」と言っていました。

韓国合宿ではさらに磨きをかけていく約束をしてくれました。

 

ケンくんの韓国合宿に入ってからの評価

ケンくんは韓国合宿に入ってからというものの、ビジュアルが各段に垢ぬけたのもありますが、歌やダンスの実力がレベルアップされてきています。

今やセンター候補と言われるほどの実力と人気ですが、オーデションが始まった当初は最下位という現実でした。

しかし仲間に協力してもらいながら努力をして、その差をグングンと縮めていったのです

 

個人レベルテストでの友情と成長

韓国合宿で最初の個人レベルテストが始まりました。

個人練習中に涙が出てしまうシーンがあり、見ていてとても心配になりました。

レッスンを受けても思ったようにからだが上手く動かない、もどかしさを感じていたようです。

そんな時に支えてくれたのは、チームリーダーの「トモヤくん」でした。

瞬時にケンくんの違和感を感じたトモヤくん。

練習生同士だからこそ生まれる友情です!

こちらも大好きなシーンです。

トモヤくんはケンくんと一緒にダンスを始めます。

これをきっかけにダンスを楽しんでいる実感が持てて、ステージの楽しさを思い出します。


※個人レベルテストは、上の動画の38:58~52:16まで

個人レベルテスト当日は、いつもより緊張した表情やしぐさを見せるケンくんですが、がんばってパフォーマンスしてくれました。

今までの課題だった粗っぽさを感じさせず、歌もダンスもとてもよかったです。

日本合宿では底辺だったとは思えないと評価されました。

J.Y.Parkさんを感心させるパフォーマンスができて、キューブを獲得します。

「ケンくんを選んだことが間違いではなかったことを証明してくれてありがとう。」と最高の言葉をもらえました。

これまで諦めずにがんばってきてよかったですね

ピュアで優しい笑顔がみれて、とても感動しました。

 

個人レベルテストで3位を獲得

ケンくんは個人レベルテストで3位を獲得するほど目を見張るような成長を遂げました。

この時J.Y.Parkさんから「最下位の逆襲」と言わせたほど、ケンくんの変化に周りのメンバーも驚いた様子でした。

順位発表の時に「最下位の逆襲」と聞いて、トモヤ君が誰よりも早く表情が変わったのを見逃しませんでした!

トモヤくんとケンくんの友情がなくてはここまでこれませんでしたよね。

※個人レベルテストの順位発表は、上の動画の45:50~50:57です。

つまりJ.Y.Parkさんにひいきされたのではなく、ケンくんは仲間の力を借りながら自分の努力でのし上がってきたのです。

他の練習生たちも努力をしてJ.Y.Parkさんのフィードバックを受けたことを改善してきていましたが、ケンくんはその伸び方が桁違いだったことからひいきされていると感じた方もいたのかもしれません。

表情もからだの動かし方もとにかくかっこよくなったケンくんは、今やひいきされているとまで言わしめる存在ということですね!

まとめ

虹プロ2のケン(蘇健)がひいきされている?かどうかについて、これまでの評価をまとめました。

地域予選では保留からの通過、日本合宿でも最下位で通過しています。

しかし韓国合宿に入り、個人レベルテストでは3位となりJ.Y.Parkさんさんに「ビリの逆襲」と言われるほど評価されています。

ケンくんがオーデションに挑戦することになったきっかけは、虹プロジェクトSeason1をみて勇気をもらい、自分もやってみたいと思ったからです。

その思いを忘れずに行動し続けて、これまでの成長が評価されています。

純粋な表情でストーン獲得を喜ぶ姿が印象的なケンくん。

最後までやり抜いて、デビューのチケットを手に入れて欲しいですね。

ファイナルステージまでおもいっきり駆け抜けてもらいたいです!

一緒に練習生たちを応援していきましょう。

 

ABOUT ME
おおたぶん
はじめまして! おおたぶんです。 神奈川県在住の主婦です。 自宅でお仕事をしたくて、紆余曲折しながらブログと出会いました。 大好きなk-popアーティストの新しい情報や、お出かけの耳より情報を発信しています。
RELATED POST